iPhone党

いつかはなりたい最大派閥

iOS 4はかなり満足ができる良アップデート

待望のiOS 4がやっとリリースされ無料でアップデートできるのでとにかく入れてみました。

マルチタスキング機能にはあまり魅力を感じずiPhoneが重くなる心配しかなかったのですが、今の所軽快。

運が良かったのかも知れませんが特に目立つ不具合がなく、細かい修正がことごとく納得のいくものだったのでかなり満足です。

以下僕が気付いた目立つ機能です。

フォルダ機能と壁紙

iOS 4 ホーム画面

iOS 4から壁紙がロック画面以外にも適用されるようになりました。

iPhone OS 3.1でも不満がなかったはずなのに、壁紙を自分で設定できるとなるとやっぱりいいものですね!

アプリアイコンを長押しして移動、そのまま他のアプリアイコンにアイコンを重ねるとフォルダが作成されます。

iOS 4 フォルダ機能

フォルダはデフォルトではそのアプリのカテゴリで名前が付けられ、後で好きな名前に変更することができます。

フォルダアイコンをタップでフォルダ下部分から上下にがばっと開き、フォルダ内に12個までアプリを入れることができます。

(via h.tumblr)

マルチタスキング

3GS以降だけ。

タッチパネル下部に最近起動したアプリを横並びで表示して、すぐに切り替えることができる機能です。

iPhoneの大きなボタン(ホームボタン)を二回連続で押すとマルチタスキングが表示されます。

iOS 4のマルチタスキング

マルチタスキングに対応したアプリはCPUをあまり消費しないように処理を凍結して待機させておくことが可能で、終了前の状態ですぐに復帰できます。

パソコン単位で例えると毎回起動させるのではなく、スリープさせておく感じでしょうか。

マルチタスキングはアプリアイコンと同じようにアイコンを長押しで移動・削除。

削除した場合バックグラウンドで待機させておいたプロセスも終了されます。

純正アプリ以外ではEvernoteなど少数しか対応していないので現状微妙ですが、対応アプリはさくさく切り替えることができ未来を感じさせる機能です。

メールは削除以外にもアーカイブを利用可能に

iOS 4以前は削除しか選択できませんでしたが、削除以外にもアーカイブを選択できるようになりました。

アーカイブは受信箱に残っていたら邪魔になるけれど、一応保存しておきたい場合に使います。

後から検索で見つけることができるので、メールサーバに容量があるようならばアーカイブにしておくほうが無難です。

地味に嬉しいのがリプライされた一連の会話をスレッドにまとめてくれる機能。

たくさんメールが来ても、以前より閲覧しやすくなりました。

電子書籍がいい感じで閲覧できるiBooks

iOS 4アップデートに伴い、iBooksもApp Storeでダウンロードできるようになりました。

iBooks iBooks

現在の段階では残念なことに英語や中国語の書籍ばかりですが、無料の書籍が結構ダウンロードできることに驚き。

操作性もかなり良くiPhoneでの読書が楽しくできそうです。

画面の向きが固定できるように

iPhoneのSafariを使っていて一番困っていたのが、本体を傾けると画面自体も横向きになってしまうこと。

普通に使っている分には画面が大きく使えて良い機能なのですが、iPhoneを寝転がって使いたい時にいちいち向きが変わって不便でした。

iOS 4ではシステム自体に画面固定モードが使えるようになり、その不便が解消されました。

画面の向き固定が可能に

利用するにはホームボタンを二回押しの後左に移動。

これでお布団とiPhoneの相性がさらに良くなりますね!

3Gネットワークを使えなくする

3Gネットワークへの接続を制限するコンフィグファイルAPN disabler相当の機能がシステム標準で搭載されました。

iOS 4 モバイルデータ通信を制限可能に

利用するには「設定」>「一般」>「ネットワーク」>「モバイルデータ通信」

ネットワークのアクセスを抑え、ソフトバンクへの支払いを最小に抑えるために必須の設定です。

軽快になったカメラとデジタルズーム

iOS 4になってカメラの動作が軽快になりました。

そのシャッター速度はアップデート後初めて使った時に笑いがでてしまうほど。

これで手振れに悩まなくてすみます。

またフォーカスをあわせるための画面タップでデジタルズームができるスライダーが表示されるようになりました。

iOS 4 カメラのデジタルズーム

一番の問題はシャッター音。

盗撮を防ぐためか不必要なまでに大きくなってしまったのが残念。

ちょっと面倒ですがシャッター音を消す方法がありますので参考に。

ユーザー辞書を編集可能に

iPhoneの一番の問題でもあった残念な日本語変換。

それをユーザ辞書の作成によっていくぶんかでも軽減できるようになったは大きな進歩と言えます。

利用するには「設定」>「一般」>「キーボード」>「ユーザ辞書を編集…」から

あいなま可愛いよあいなま

これまでアドレス帳を利用した力技でなんとかする人も多かったのですが、やっとあるべき機能が提供されたというような印象があります。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...