iPhone党

いつかはなりたい最大派閥

SiriからRemember the MilkのToDoを作成できるようにする方法

設定するに至った経緯

Remember The MilkとはToDoリストを簡単に登録できるWebサイトで、Webブラウザ・iOS・Androidなどでタスクを同期でき大変便利です。

そのRemember The MilkのタスクをiOSのリマインダーから追加でき、さらにSiriからも登録できる方法が公式サイトに掲載されているので試してみました。

実は結構前から対応していたのですが、Siriが日本語に対応したので今さらながら設定してみます。

設定方法

まず「設定」アイコンをタップして「メール/連絡先/カレンダー」を開きます。

RTM_Siri1
RTM_Siri1 Photo by veadar

開いたら「アカウント」内の「アカウントを追加…」をタップ

「iCloud」「Microsoft Exchange」などが表示されていますが、一番下の「その他」を選択します。

RTM_Siri2
RTM_Siri2 Photo by veadar

「その他」が開いたら「メール」「連絡先」「カレンダー」と表示されますので、「カレンダー」の「CalDAVアカウントを追加」をタップします。

RTM_Siri3
RTM_Siri3 Photo by veadar

CalDAVアカウントの設定を開いたらRemember the Milkのアカウント情報を入力します。

RTM_Siri4
RTM_Siri4 Photo by veadar

サーバ
www.rememberthemilk.com
ユーザ名
Remember the Milkのユーザ名
パスワード
Remember the Milkのパスワード

ここまででリマインダーからはRemember the Milkを使えるようになりましたが、Siriから利用するにはもう一手間必要です。

最初の「メール/連絡先/カレンダー」まで戻り、一番下までスクロール。

「リマインダー」の「デフォルトのリスト」を先程追加したCalDAVアカウントを選択します。

RTM_Siri5
RTM_Siri5 Photo by veadar

これでやっとすべての設定が完了しました!

お疲れ様でした。

Siriから利用する

RTM_Siri6
RTM_Siri6 Photo by veadar

設定が済んだらホームボタンを長押ししてSiriを呼び出し、「リマインダーを作成する」と言ってみましょう。

設定する前のリマインダーと何も変わっていないように思えますが、ちゃんとRemember the Milk側へタスクが追加されるようになります。

またSiriから利用する以外にもリマインダーアプリからも追加できるようになっています。

RTM_Siri7
RTM_Siri7 Photo by veadar

iCloudのリマインダーとは違って、タスクを追加するだけで編集はできませんが便利です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...