iPhone党

いつかはなりたい最大派閥

Apple MusicをiPhoneで使ってみた

iOS 8.4がリリースされると共にiOSでApple Musicが使えるようになったので早速使ってみました。

Apple MusicはApple Musicライブラリ内にある曲をストリーミング(能動的に保存した曲はオフラインでも再生可能)で無制限に再生できるサービス。

使用感は検索したアーティストや音楽のジャンルに関係のある曲が流れるラジオを聴いている感じ。

ただし気になった曲はiCloud ミュージックライブラリに保存して再生できるので、アルバム・曲単位で音楽を購入しなくてもiTunes Storeで扱っている曲が自由に聴けるようになります。

月額980円のサービスですが、3ヶ月間の無料試用期間があります。

iOS 8.4にアップデートした後に”ミュージック”アプリにアクセスするとApple Musicのウェルカム画面が表示され、「3ヶ月無料トライアルメンバーシップを開始」ボタンがあるのでポチっと押します。

個人だと月額980円、ファミリーだと月額1480円。

個人だとちょっと高く感じてしまいますが、家族(最大6人)で1480円で世界中の曲を聞き放題なのは安く感じますね。

「Radio」タブ。

最大の目玉である「Beats Music」や邦楽や洋楽のヒットチャートラジオがあります。

他のラジオは条件に合致する曲が再生されるだけですが「Beats Music」は24時間生放送(一部再放送)で配信されており選曲もDJによる物なので他のステーションよりも楽しい。

再生画面。

ハートを付けることにより、ハートを付けて曲と似た曲が流されやすくなります。

右下の「…」ボタンを押し「マイミュージックに追加」をするとローカルに保存されオフラインでも聴けるようになります。

ロックスクリーンからもハートを付けたり、曲送りをすることが可能。

「Connect」画面。

フォローしたアーティストからの投稿が表示され、コメントを付けることもできます。

アーティストと直接繋がれる場ですが、引っ込み思案にはちょいと敷居が高い。

「For You」画面。

自分の音楽傾向からお勧めアーティストやプレイリストを雑誌のように表示してくれます。

プレイリストに登録されている曲はまとめてiCloud ミュージックライブラリに保存可能。

アーティスト名や曲のジャンルでステーションを探して再生することができます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...