iPhone党

いつかはなりたい最大派閥

iOS 9の特に目立った変更点

2015年9月17日の深夜二時にリリースされたiOS 9をインストールしてみました。

リリース直後はiPhone単体でアップグレードしようにもエラーが出てしまっていてiTunes経由でしかインストールできないような状態でしたが、今は特にエラーもなくインストールできる模様。

アップグレードには時間がかかったものの、iOS 7 → iOS 8の時よりは早く終わりました。

最初に総評。

  • OS全体に影響するような劇的なインターフェースの変更はない
  • だが頻繁に使う内蔵アプリの機能追加が気が利いた感じで操作性はかなり良くなった
  • それなのにパフォーマンスの低下がなく個人的にはアップグレード必須と思えた

アプリケーションスイッチャーのインターフェースが変更に

ホームボタンを2回連続で押すことにより表示されるアプリケーションスイッチャーがiOS 8の時と比べて大きくわかりやすいものになりました。

カードが重なるように表示されているので、最小限の横スワイプで高速に移動できるし、表示が大きいのでそのアプリを最前面にしなくても内容が把握できます。

直前に操作していたアプリへ左上から戻れるようになった

通知センターのバナーなどから別アプリに移動するとウィンドウ左上に直前まで操作していたアプリの名前と左向きの三角が表示され、そこをタップすると直前まで操作していたアプリへ戻れます。

recent_back

例えばゲームをしていてメッセージの通知が表示されたからタップして返事を書き、左上をタップでゲームにまた戻るというような使い方ができます。

これによりホームボタン二度押しが減るのが嬉しい。

“メール”からイベントを作成可能に

デフォルトメーラーである”メール”で受信したメールの内容を読み取って、その本文に含まれるイベントの日時から新規イベントを作成できるようになりました。

ホテルや飛行機などの予約確定メールからイベントをさっと作れるのは本当に便利。

低電力モードが搭載

ネットワーク接続やCPUパワーをできるだけ抑え、電池の消費を少なくしてくれる低電力モードが搭載されました。

電池残量が心もとない時に活用していきたい機能。

充電時に機内モードにしておくと充電完了までの時間が早くなるのはよく知られた裏技だと思いますが、低電力モードでも同じような効果が見込めると思います。

“メモ”が写真やチェックリストを貼れるようになりよりリッチに

“メモ”アプリが大幅にグレードアップし、セカンドパーティのメモアプリ涙目状態です。

Safariからのリンクをカード状に貼り込んだり、チェックリストを作ったり、写真を貼ったり、フリーハンドで描いた図形を貼ったり。

フリーハンドで描いた図形は定規や筆ペンのようなツールもあり再編集も可能。

“写真”アプリで複数選択が容易に

“写真”アプリで複数枚の写真を選択したい場合、以前のiOSでは一枚ずつタップしていかなければならなかったのが、iOS9では一枚目のサムネイルをタップした時にそのまま画面を触り続け、指を終わりの写真までスライドさせることで複数枚選択が可能になっています。

Spotlightが機能向上

ホーム画面から右へスワイプすると現れるSpotlight検索画面に、よく使う連絡先やアプリが表示されたり、ニュースも表示されるようになりました。

連絡先を検索し、”連絡先”アプリを経由せずとも、検索画面から電話やメッセージを送れます。

検索結果にも今まで通りWikipediaやYouTubeさえも表示されるようになり、Safariから検索する頻度も減らせそうです。

“設定”が検索可能に

これまで検索できないがゆえに

「設定」>「iCloud」>「iCloud Drive」

というように、順番にメニューをたどっていかなければ操作できなかったのですが、iOS 9からは目当ての単語を検索するだけで深い階層にあるメニューもトップから開いて行けます。

また各アプリの設定も検索でき劇的に設定はわかりやすくなりましたね。

iCloud Driveがアプリとして利用可能に

AppleのオンラインクラウドであるiCloud Driveは今までMacかWebサイト経由でしかファイルを管理できませんでしたが、iOS 9から専用のアプリが用意されiPhoneからも管理しやすくなりました。

「設定」>「iCloud」>「iCloud Drive」>「ホーム画面に表示」をオンにするとホーム画面にiCloud Driveのアイコンが表示され、タップで起動することができます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...